SPECIAL TRIBUTE TO DA.YO.NE

SPECIAL TRIBUTE TO DA.YO.NEJPOP

データ

発売日 1995.9.1
レーベル エピックレコードジャパン

参加アーティスト
WEST END x YUKI
NORTH END x AYUMI
NORTH EAST x MAI
CHUBU END x SATOMI
OYSTER END x YUKA
SOUTH END x YUKA
FAX
SUZY x THE IND’ BOYS

 

SPECIAL TRIBUTE TO DA.YO.NE 裏 SPECIAL TRIBUTE TO DA.YO.NE CD SPECIAL TRIBUTE TO DA.YO.NE オビ

本家「DA.YO.NE」は当然収録されていません。w

SPECIAL TRIBUTE TO DA.YO.NE 曲 SO.YA.NA / WEST END x YUKI 歌詞 SPECIAL TRIBUTE TO DA.YO.NE 方言の注釈

方言の注釈

SO.YA.NA / WEST END x YUKI

WEST END x YUKI

DA.BE.SA / NORTH END x AYUMI

NORTH END x AYUMI

DA.CHA.NE / NORTH EAST x MAI

NORTH EAST x MAI

DA.GA.NE / CHUBU END x SATOMI

CHUBU END x SATOMI 女性のファッションだいたい合わせているのね。

HO.JA.NE / OYSTER END x YUKA

OYSTER END x YUKA

SO.TA.I / SOUTH END x YUKA

SOUTH END x YUKA

NA.HAO.BA (Mandarin Version) / FAX

FAX

IYA-YEAH (Indonesian Version) / SUZY x THE IND' BOYS

SUZY x THE IND’ BOYS

 

収録曲

01.SO.YA.NA / WEST END x YUKI
02.DA.BE.SA / NORTH END x AYUMI
03.DA.CHA.NE / NORTH EAST x MAI
04.DA.GA.NE / CHUBU END x SATOMI
05.HO.JA.NE / OYSTER END x YUKA
06.SO.TA.I / SOUTH END x YUKA
07.NA.HAO.BA (Mandarin Version) / FAX
08.IYA-YEAH (Indonesian Version) / SUZY x THE IND’ BOYS
09.DA.YO.NE (Original Backing Track) / EAST END x YURI

 

レビュー

こ、こ、これは、、、究極の企画アルバム!9曲全部「DA.YO.NE」の別バージョン!気が狂うぜ!

 

 

 

「DA.YO.NE」の全国バージョンをすべて収録+外国語バージョン!全曲「DA.YO.NE」のカバーよ。このアイデアがいいよな。アイデアなのか乗っかっただけなのかw。そこだけで押し切った企画アルバム。こんなのを作っちゃうのがヤバ過ぎな90年代なんだよな。

 

 

「DA.YO.NE」はラップというよりは男女の会話(漫才みたいな)と、サビのキャッチーさが、
明るい感じで面白いもんね。そこが分かりやすくて、みんなにウケてた。当時めっちゃ流行った曲です。原曲をベースに言い方を方言に変えたり、その土地のエピソードに変えたりして、それぞれ(そこそこに)凝っていて、どのバージョンも(そこそこに)楽しめました。(すみません)。ベースがしっかりしているんだよね。「DA.YO.NE」の良さを再確認出来ました。何回も聞いたからなーw

 

 

 

女性の声はみんなかわいい。方言だとさらに!初々しさもあって皆さん本当にかわいいと思いました。自分的ポイントはここ。「Friday night 待ちに待った週末の夜~」だいたい本家と一緒なんだけど、ここのラップを聞き所にしていた。なんでかねw。次のタクシー!プォーン!も。

 

 

 

●「SO.YA.NA」そやね!大阪弁バージョン。
「DA.YO.NE」の次に有名なのはこの曲だよね。なんと言ってもWコージの二人(今田さん、東野さん)!そして大阪パフォーマンスドールのYUKIさん。いい感じのパクり具合で面白かったし、結構売れていました。この曲が始まりだよね。ある意味「SO.YA.NA」はJPOP界の革命だよね。内容は置いておいてw。そしてこの曲のヒットでミニアルバムも出しているからね。「SO.YA.NA グレーテストヒッツ」もう何がなんだかなんだけど。「フォークがSO.YA.NA」とかですよ。このアルバムも購入済みなのでいつか紹介するかも。3人のラップというか漫才が楽しい曲。聞いてるだけでにやける。
俺な 文珍の飛行機見たことあんねん」今田さんw
「なんで3人やの」w
「喜連瓜破」ググりました。

ほんまに訴えられたら負けんで」東野さんw
「あ!こんな所に「DA.YO.NE」の歌詞が落ちてる」これそのまま使ってしまおーやw
ラスト「すんませんでしたー」と謝る所も面白い。

 

 

 

 

●「DA.BE.SA」だべさ!北海道弁バージョン。
正直女性の声があれれと思った。すみません。ちょっとおばちゃんぽい?これが味になっているけど少し気になった。面白いしオリジナリティがあってなかなかの完成度だべさ!
「若いのに 牛舎ではスゴ腕」w
「ラベンダーの町で、ジュンと蛍が、」北の国から
「でも、北海道弁なんて普段、使わないっすよね、俺達」「だよね」上手い。

 

 

 

 

●「DA.CHA.NE」だっちゃね!東北弁バージョン。
MAIさんの発声良いし声かわいい。ラップも上手いです。二回目のサビ部分の最初の所で息切れしていてかわいい。男性の方もいい感じ。結構方言ガンガンで何を言っているか分からないwでも、おもしろい!
「一目ぼれ」と書いてササニシキ!

「お寿司」おすすって言うのねw

「んだいなー」この方言いいね。

 

 

 

 

●「DA.GA.NE」だがね!名古屋弁バージョン。
SATOMIさんの声かわいい。個性があっていい感じ。本当にかわいく聞ける。

「いいだらー」だらー!
「ナゴヤ人は誰もみゃあみゃあ言っとらせん(ネコは言うけどな)」

 

 

 

 

●「HO.JA.NE」ほじゃね!広島弁バージョン。

YŪKAさん当時、ラジオ番組の学生スタッフだったとの事。いろんなパターンの「ほじゃねー」がかわいいね。まじで!

 

 

 

●「SO.TA.I」そうたい!博多弁バージョン。

YUKAさん元気いっぱいでかわいい。男性陣(たぶん最初の所が博多華丸さんですよね?)もキレキレ。なんかイカついですw。「そうたい」って良いね。

 

 

 

 

●「NA.HAO.BA」ナホバ!中国語バージョン

日本語じゃないと、なかなかカッコよく聞こえるw不思議。

 

 

●「IYA-YEAH」ナホバ!インドネシア語バージョン
日本語じゃないと、なかなかカッコよく聞こえるw不思議。2回目。

 

 

 

 

 

レア度
★★★☆☆
なぜか、なかなかのレア盤。アマゾンだと2000円から。

 

 

 

 

 

Amazon | SPECIAL TRIBUTE TO DA.YO.NE | オムニバス, WEST END×YUKI(from O.P.D.), NORTH END×AYUMI, NORTH EAST×MAI, CHUBU END×SATOMI, OYSTER END×YUKA, SOUTH END×YUKA, FAX, SUZY×THE IND’ BOYS, カラオケ | カラオケ | ミュージック
SPECIAL TRIBUTE TO DA.YO.NEがカラオケストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

 

 

 

 

メモ

 

「DA.BE.SA」の鈴井貴之さんは『水曜どうでしょう』の「ミスター」。

AYUMI(伊藤亜由美さん)と後に結婚。2017年に離婚。

 

「DA.CHA.NE」のMAI(熊谷麻衣子さん)の夫はサンドウィッチマンの伊達みきおさん!
「DA.CHA.NE」の発売が決定した当時、国立音楽大学出身という理由で上司からボーカルとして選ばれた際に本人は拒否し続けたが結局渋々引き受けた。

 

 

「SO.TA.I」のYUKAさんは女優の板谷 由夏さん!そして鶴屋華丸は博多華丸さん!!

 

 

実はすごい方達が参加していて驚きました。

 

コメント

  1. トニ ( Tonus) より:

    たくさんの町があるのは楽しいです。博多区を知りませんでした。いい発見です!!

    女性は日本語ラップでかっこいい!East End x Yuriが大好きすぎます。

    「SO.YA.NA」のビデオがあり, West End X Yukiも面白い !!

    • 90s90s より:

      おお!トニ ( Tonus)さん!コメントどうもです。
      たくさんの町があって楽しいですよね。
      当時の日本は浮かれていてwなんだかんだ元気があったと思います。
      East End x Yuri私も大好きです。
      この曲は本当に流行って、日本中に楽しいヒップホップを届けてくれました。感謝です。