DELiGHTED MINT / Along The Bayside

DELiGHTED MINT / Along The Bayside日本語ラップ

データ

発売日 1999.10.9
レーベル Rip Curl Recordings

 

参加アーティスト
菊地 成孔!!

B-BAND
DJ Toshi(ラッパ我リア)
JIVE TALK

Scratch

DJ Jun

 

DELiGHTED MINT / Along The Bayside 裏

かっこいい!クール!!

DELiGHTED MINT / Along The Bayside CD DELiGHTED MINT / Along The Bayside オビ DELiGHTED MINT / Along The Bayside 曲 DELiGHTED MINT / Along The Bayside サンクス Along The Bayside 歌詞 ライナーノーツ

このライナーノーツ良い。

DELiGHTED MINT / Along The Bayside 写真

 

収録曲

01.Theme
02.Along The Bayside
03.Bluish Droplet
04.Groove Thang <B-MINT MIX>
05.TO YOU
06.Bluish Droplet <FUNKY DIVISION MIX>
07.Groove Thang <DELiGHTED MIX>
08.Along The Bayside <Rio MIX>
09.Along The Bayside <Radio Edit>

レビュー

DELiGHTED MINTを紹介できるのが本当に嬉しい。90年代の終わりに新しいスタイルがやってきたんだよ。

 

 

 

 

まず、音が本格的でメロウでとても良いです。00年代になると増えていくけど、ここまで本格的なHIPHOP、R&Bの音はまだあまりなかった。メロディーもなんか良いんだよな。センスなんだろうな。ずっと聞ける。今聞いても全然良いと思いました。音楽のメロディーには古いや新しいは無いんだなーと

 

 

 

メンバーが多国籍なグループなのも新しかった。インターナショナル・スク-ルの出身なんだよな。
当時話題だったM-floもそうだった。クレジットのサンクスに名前があったので交流があったっぽいな。ライナーノーツを読んで思い出したけど、宇多田ヒカルさんもインターナショナル・スク-ルの出身だったな。話題になってたもんな。当時はインターナショナル・スク-ルに行ってた=英語が上手い。音楽の才能がある。みたいなイメージだった。日本の音楽のレベルを余裕で超えてる人達が多かったからな。

 

 

 

 

日本人があまり持っていない音楽的な部分(リズム感なのかHIPHOPやR&Bの本質的な部分なのか、それとも音楽そのものなのか)がすごく出ている。ちょっと聞いてみて、音の感じが本格的だしレベルが違うと思う。で熱さはあるけどクールなんだよな。ここが最高にかっこいい。

 

 

 

 

当時、新しい波というか新しい形だと思っていました。ヒップホップとR&Bの融合の様なスタイル。(帯にはHIP HOP SOULと書いてありました。)でその音のレベルがめっちゃ高くてメロディーが最高に良い!00年代にもっとこのジャンルが流行って欲しかったな。DIGGABLEの人達とか瘋癲とかとか。

diggable

DIGGABLE最高だから、このジャンル?が好きな人はぜひ!

FU-TEN

瘋癲!

DELiGHTED MINT

もちろんDELiGHTED MINTも!真ん中の「HEAT」がめっちゃ好き!

 

あと、DELiGHTEDの「I」が小文字なの何でだろうね?

 

 

 

 

 

「Along The Bayside」マジで聞ける。本当に好きな曲。トラックの音の良さ。メロの良さ。このメロディーずっとイケてると思う。ハナさんの声たまんないね。GIORGIOの加工してる声(電話越しの声みたいな)での合いの手もいい。ラップも良いし。この二人のコンビネーションが最高にかっこいい。菊地 成孔さんのサックスも良いな。歌うようなサックス。言葉にしていないだけで完全に歌っているよな。ソロパートの後、すぐにハナさんパートだしね。存在感バリバリ。最後の全員での所も!みんなプロの仕事をしていて、それが上手く合わさって物凄いクオリティーになっていると思う。

 

バラ以上に赤く染まった 夜明けの真っ赤なじゅうたん」しょっぱな。バラ以上に赤くだってさ。
「貝がら片手に聞こえる音色はHEARTへ」ここ良いよな。この後「HEARTへ、HEARTへ」と入るGIORGIOも!
「あなたの元まで届け 私の歌声」素敵。本当にみんなに届いてほしい。
「この先は何もありません no sign」ここ好き。

 

 

 

 

「Bluish Droplet」藤井潤、VALも入り全員参加曲!前の曲「Along The Bayside」のサビ部分「サマータイム、サマータイム」を使っている。繋がっている曲のような感じでおしゃれ。最初がたぶんVALで、藤井潤、GIORGIO。間にハナさんのボーカル。これよこれ。

 

 

 

「Groove Thang <B-MINT MIX>」この曲Groove Thangが、一番最初に作った曲で、アナログで発表している。その頃は、まだハナさんは正式加入ではなくて、フューチャリングだったとの事。てか、初めからこのレベルよ。トラックやば。いきなりもう好きだもんな。ラップも熱いし、掛け合いも多くていい。ハナさんのサビも良い。ラストのバースで掛け合いをしまくっていて熱すぎ。最後のスクラッチも好き。これだよこれって感じで。

「UH~JUNKと呼びたきゃ呼べよ」
「誰でもねぇ、テメーFORテメー」
DEAD OR ALIVEでもとにかく笑い LIGHT UP THE生涯 YES I’M 1 RAPPAR
ここかっこいい。1(イチ)RAPPAR!

 

 

 

「TO YOU」結構ポップな曲。GIORGIOがメイン。なんかトラックやラップの感じがリップぽいなと思った。最後のハナさんの即興っぽい所、ゴスペルのアドリブだよね。そう、ハナさんゴスペルをやっていたんだよな。

 

 

 

 

「Bluish Droplet <FUNKY DIVISION MIX>」DJ Toshi(ラッパ我リア)のREMIX。
怪しさがあるオールドなトラック。

 

 

 

 

「Along The Bayside <Rio MIX>」JIVE TALKのREMIX。アップテンポなボサノバ風?な感じでおしゃれなカフェで流れているような曲に。ボーカルがハナさんだけの曲になっていて、これはこれで素敵。ナイスなREMIX。原曲のサックスパートの様に、この曲でもギター(たぶん)のソロがあってそこも最高。参加しているアーティストのレベルが本当に高い。

 

 

 

レア度
★★★☆☆

もう買っておいた方が良いよ。

 

 

 

動画

 

DELiGHTED MINT / "Along The Bayside"(1999)

DELiGHTED MINT / “Along The Bayside”(1999)

嬉しくなるコメント欄。

 

 

Hip Hop Beat Club Sunset 21枚目

Hip Hop Beat Club Sunset 21枚目

この動画やばいです!!DELiGHTED MINTのライブが見れます!!たぶん今はこれでしか見れないかも。40分から。「CYCLE OF SPIRITS」と「FORCE」をやっています。ヤバ過ぎだから。貴重過ぎるぜ。スケボーキングやGM YOSHIのライブも見れます。自分的には「FORCE」がかなり熱かった。超貴重動画。

 

 

 

 

Amazon.co.jp

 

 

 

メモ

 

多国籍ユニットが2ndマキシで見せた片鱗 | BARKS
Welcome to Adobe GoLive 4――3MC、1ヴォーカル。しかも多国籍なメンバーが集結。そもそもDELiGHTED MINTの成り立ちって、どのように始まったんですか?ジョルジョ:元々は僕がインタ...

貴重なインタビュー!

 

 

 

giorgio13.com

GIORGIOさんのHP。

 

”So’ Flyも結構好き。「会いたくて会いたくて/西野カナ」のプロデュースをしていたんだー!ビックリした。

 

 

 

 

 

fly to the moon fly to the moon fly to the moon

「FLY TO THE MOON」

当時のフライヤーがあった!たぶんこのイベントには行ってなかったような。。。気になっていたので取っておいたのか、、、DIGGABLEコンピに入っている曲「FLY TO THE MOON」はこのイベント名から取ったとの事。リップスライムケツメイシの名前が!!なぜにDELiGHTED MINTはあまり人気にならなかったのか今でも疑問。です!!

 

 

コメント