ACO / Lady Soul

ACO / Lady Soul日本語R&B

データ

発売日 1998.9.19
レーベル キューンミュージック

 

ACO / Lady Soul 裏 ACO / Lady Soul オビ ACO / Lady Soul CD ACO / Lady Soul 写真 揺れる体温 歌詞 ACO / Lady Soul 写真 ACO / Lady Soul ポストカード ACO / Lady Soul ポストカード

収録曲

01.揺れる体温(After Hours Session)
02.やわらかい肌
03.Lady Soul(Day-lite Version)
04.こわれそうよ(Future Classics Version)
05.CATWALK
06.熱いめまい(Album Version)
07.眠れるネコ
08.INSIDE MY LOVE
09.Lady Soul(Twi-lite Version)
10.ふたつのてのひら

レビュー

ちゃんと聞いたら凄すぎた。静かに熱く才能が爆発している。ACOさんこの頃20歳くらい。。。最高にカッコいいぜ!

 

 

 

DJ49さんのMIXに入っていた「揺れる体温(After Hours Session)」がすごく好きで気になっていました。しかもラスト!

DJ49さんのMIX

DJ49さんのMIX

アルバムをちゃんと聞いてみようと思い購入。次のアルバムや、その次のとか(Material超好き)は聞いていてLady Soulは抜けていました。いやー超はまった。すごく良い。まいった。好きな曲、好きなアルバムが増えて嬉しいな。

 

 

 

まず、声がいい。絶妙。ずっと聞いていられる。心地良いというか中毒性があるというか、すごく魅力的なんだよな。歌詞も好き。このアルバムだとちょっとエロくて大人っぽい歌詞が多い。20歳なのに。。。で、メロディーがいい。特にサビの感じはどの曲も最高にいい。カバーが1曲あり、その曲以外の作詞、作曲を自分でやっています。これがまじで驚いた。(アレンジとかを他の方にお願いしているのかな?)アルバムを通して聞いて何度もすごいなと思いました。

 

 

タトゥーも早い。この時(ジャケの写真なので確認)で2箇所は見つけた。この頃女性でタトゥーを入れている人はチャラさんしか知らなかったと思います。なんか色々早すぎる。アルバムも20歳で3枚目だよ。作詞、作曲もやるんだよ。。。でGrateful Daysの大ヒットが次の年にあるんだよ。なんかすごいです。アーティストとしてのレベルが違うな。

 

 

揺れる体温(After Hours Session)」超好き。何回聞いたんだろ?特にサビのメロディーと声の感じがたまらない。「揺れる体温 心を焦がしてく 指先からこぼれる言葉をつくっては」なんなんでしょうこの歌詞は。最後のジャズっぽい歌い方も素敵。アナログだと観衆の声や音も入っているそうです。DJ49さんのはたぶんこっち。いつか買うぞ。

 

 

やわらかい肌」始まりいいな。所々に入っている電子音もいい。この曲も最高。サビの声よ。「私のためのあたたかさ あなたのためのあたたかさ」だってさ。

 

 

Lady Soul(Day-lite Version)」音が最高にいい。ヒップホップっぽいトラックで最高。「疲れたこんな夜に作られていく」やばやば。

 

 

こわれそうよ (Future Classics Version)」この曲が高校生の頃、初めて作った曲だそうです。デビューのきっかけにもなった曲だそうです。ゆっくりとしっかり聞かせる曲で、歌詞がすごく音として入ってくる。「なにかがかわってゆく」ここの声の感じよ。ライブで聞いたら泣くだろうな。

 

 

CATWALK」明るめなダンスナンバーで変化があっていい。曲名にネコがはいるの2曲もあるからな。ネコ好きなんだろうね。

 

眠れるネコ」サビのメロディ半端ない。バラードだな。めっちゃ素敵よ。

 

 

 

レア度
★☆☆☆☆
まぁね。

 

 

Amazon | Lady Soul | ACO, ロメロ・ルバンボ, Hajime“YOSSEY”YOSHIZAWA, KATS, KEN, Kinbara Strings, Masahiro INABA, アンソニー・ジャクソン, バシリ・ジョンソン, KINBARA Strings, Masayoshi FURUKAWA | J-POP | 音楽
Lady SoulがJ-POPストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

 

 

メモ

【ACO】「静かな叫びを感じてもらいたい」 時代に左右されないACOの歌 | ARBAN
ACOは常に新しい音楽に挑戦してきたミュージシャンだ。いや、彼女の中にある豊かな音楽性をその時の最良の形で表現し続けてきた。そう言った方が的確だろう。1996年から1998年に立て続けに発表した初期3作品(『Kittenish Love』、『NUDE』、『Lady Soul』)は日本のR&B/ソウルの名盤である。

こちらの記事にありました。

 

『Grateful Days』のヒットで人生の明暗をみました。それは計り知れないもので、とても大切な良い思い出なのです。私は音楽を続けるとそこで絶対に揺るぎない決心をしました。ま、最近は『マイペースにやらせてくださってどうもありがとうございます』という感じです」

 

ACO『Lady Soul』 / 2008.3.27 ON AIR - Kenshunブログ Swingin' Cafe♪
ACO『LadySoul』ゆうこときないわからだがどうでもよくなるわすべてがなにをやっててもムダに思えてくるわつまらない愛たよりないココロたまらないくらいにさめた時間おしえてこわれそうよどんな風に自分を変えてゆけばいいのおしえてこわれそうよこわれそうよなにかがかわってゆく(アルバム収録曲「こわれそうよ」より抜粋)内容(...

このお方のブログには貴重なお話が、、

 

ローリン・ヒルのアルバム「The Miseducation of Lauryn Hill」が流れて来た時に
「100万回聴いた・・・このアルバムを聴くと自信なくすんだよね・・・」と言っていたこと。。

 

コメント