A.K.I.PRODUCTIONS / JAPANESE PSYCHO

A.K.I.PRODUCTIONS / JAPANESE PSYCHO日本語ラップ

データ

発売日 1993.7.9
レーベル FILE RECORDS

参加アーティスト

小西康陽
野宮真貴

 

PRODUCED
ECD

 

A.K.I.PRODUCTIONS / JAPANESE PSYCHO 裏

怖いわ。

A.K.I.PRODUCTIONS / JAPANESE PSYCHO CD A.K.I.PRODUCTIONS / JAPANESE PSYCHO 帯 A.K.I.PRODUCTIONS / JAPANESE PSYCHO 曲 A.K.I.PRODUCTIONS / JAPANESE PSYCHO 曲 万事快調 歌詞 SEX! or DIE! -性か!? 死か!?- 歌詞 A.K.I.PRODUCTIONS / JAPANESE PSYCHO 写真 A.K.I.PRODUCTIONS / JAPANESE PSYCHO 写真 A.K.I.PRODUCTIONS / JAPANESE PSYCHO 写真

収録曲

01.万事快調
02.子供奴隷時代
03.素晴らしき日本野球
04.虹の彼方に -OVER the RAINBOW-
05.仏滅の朝に俺が殺した
06.SEX! or DIE! -性か!? 死か!?-
07.お前も今日から大衆だ

レビュー

日本語ラップというよりはパンクに近い。超極悪なユニット。強烈過ぎて泣く。ぴえん。

 

A.K.I.とイリシットツボイのユニット。かなり攻めている。曲名からして攻撃的だもんな。「子供奴隷時代」「仏滅の朝に俺が殺した」とか。リリックもやばい。つうか酷過ぎる。今だったら発売出来ない内容だと思う。SNSとかで問題になりそうだよな。歌詞カードと実際のボーカルでは歌詞が結構違う。たとえば歌詞カードだと「手塩にかけて誉め殺す」が実際は「手錠をかけて絞め殺す」と歌っています。過激すぎるから歌詞カードでは抑え目にと、たぶんわざと変えています。で、この頃のA.K.I.さんはまだ童貞だったと噂がある。ECDさんもそうだったし、、、単純に音楽でいろんな気持ちを表現したかった(ぶちまけたかった)んだろうなーと勝手に想像。

 

 

正直、A.K.I.さんのデスボイスもあってほとんど聞いていない。。。歌詞カードを見ながらさらっと追っただけです。トラックも激しいしリリックも激しい。疲れるわ!ていうか具合が悪くなってくる。その位強烈なCDだと思います。ふーー。

 

 

万事快調」ピチカートファイヴのカバーなんだけど、かなりの極悪仕様に。コーラスに野宮さん、小西さんが参加しているのがやばい。「お前も今日から大衆だ」かなりヒップホップぽいトラックでなかなか良かった。展開とか激し目だけど、リリックもまぁ許せる感じで自分的にはこの曲がギリ良かったかな。

 

好きなリリック
「君って名器だよ ”MAKE IT”」
「楽しい餅つきにも来なかった」
「お前が嫌いなヤンキー文化」

 

 

レア度
★★★☆☆
昔のCDなので少し高め。

 

 

 

Amazon.co.jp: JAPANESE PSYCHO: 音楽
Amazon.co.jp: JAPANESE PSYCHO: 音楽

 

 

 

コメント